70年前の中・高生たちと、その後のリアリティ(現実)

  №69<70年前の中・高生たちと、その後のリアリティ(現実)>  “若いロマンチストたちの話”   何しろ70年前の話だから、‌特に、今時の若者たちに分かって貰えるか、どうか?自信は無い。  兎に角、70年前と言えば、あの辛く、(後から考えれば)実に、馬鹿馬鹿しい戦争に負けて、数年経った頃の話で、当時、筆者…

続きを読むread more

70年前の中・高生たちと、その後のリアリティ(現実)

  №69<70年前の中・高生たちと、その後のリアリティ(現実)>  “若いロマンチストたちの話”   何しろ70年前の話だから、‌特に、今時の若者たちに分かって貰えるか、どうか?自信は無い。  兎に角、70年前と言えば、あの辛く、(後から考えれば)実に、馬鹿馬鹿しい戦争に負けて、数年経った頃の話で、当時、筆者は14歳…

続きを読むread more

極私的鑑賞ノート(6)… 映画「関ヶ原」

  №68<極私的鑑賞ノート(6)… 映画「関ヶ原」>   9月7日(木)12:30上映開始の回を、イオンシネマ和歌山で鑑賞した。  ”驚くほど、つまらなかった! 何故?”   この種の文章を書くに当たって、一々断るまでも無いのだろうが、それでも一応書いておこう。  それは、この映画そのものについても、制作者や監…

続きを読むread more

セピア色の想い出--極最近の84歳同級生の動向

  №67<セピア色の想い出--極最近の84歳同級生の動向>  ”「超高齢者」と呼ばれるに相応しい同級生たちの動向は?”   2017年現在、83歳(早生まれ)-84歳の人達は、かく申す筆者と同級生ということになる。  そして、文字通り、敗戦の翌年昭和21(1946)年、最後の都立旧制中学校に入学し、途中、学制改革で、…

続きを読むread more